自然塾主催春の安曇野記録
記録メニューに戻る

開催日時2016年4月21日(木)~23日(土)

 
 3年振りに安曇野の桜を中心とした撮影会。近年の天候不順で桜の良い時期は全く分からない。最初から、桜があれば良し、終わっていれば何かを探して撮影しようとの計画で実施された。
 
参加者:二宮、町田、松本、山口、他1名
     岩橋崇至先生、岩橋(宏)
行程 :穂高駅集合→塩尻常光寺→ごほーでん(泊)
    →中綱湖→県道324号線→小川村立屋→白馬ザゼンソウ園跡→白馬アルプスオートキャンプ場
    →飯森スキー場→ごほーでん(泊) →農具川堰堤→中綱湖→野平→四十九院→昼食(解散)
 
 
4月21日 木曜日 曇り後雨
 13時穂高駅集合。12時54分に車で到着した山口が最後で全員集合。総勢5名。安曇野の天気予報は13時から雨となっていたが、まさにぴったりパラパラと降りだしてきた。近場の桜はもう散ってしまったとのことだが、今から宿では早すぎるので、先生が以前に行った塩尻の常光寺のシャクナゲを撮りに行くことにする。
 松本さんも車なので3台ではもったいないと、取り敢えず今日の泊まり・蕎麦屋兼民宿の「ごほうでん」に行って2台の車を置き、先生の車1台で行く。高速で塩尻まで走り、13時丁度にみどり湖近くの常光寺へ行ってみると、シャクナゲはまだ早すぎて空振り、雨も本降りになってきたので、下道を通って15時30分にごほーでんに戻る。
 16時から17時、宿2階の談話室でお茶タイム。その後入浴など済ませて18時から夕食。いつもの家庭料理風のバイキングでついつい多く取り過ぎてしまう。客は30人ほどいたが、多くは近くの工事現場で働く人たちのようで、長期滞在の様子だ。遊び派は少数だ。
 19時半~21時、二宮さん、町田さん他の作品をネタに会議室で講評会。その後就寝。
 
 
4月22日 金曜日 曇り時々晴れ
 5時半起床。晴れてはいるが北の空は雲が多く暗い。6時に朝食を取り、7時30分に出発。目指すは一昨日満開だったという小川村の立屋の桜。過去2回行っているが天然記念物の立屋のエドヒガンと番所の枝垂れ桜が見事なところだ。
 行きがけに中綱湖湖畔の桜に寄ったが、大勢カメラマンがいた割には今一つで撮らずに次へ進む。宏君の案内で県道とは言え、すれ違いもできない324号線を山越えして県道31号線大町街道に抜ける。途中にサクラとコブシが1本づつ綺麗に並んでいたのを撮影。8時35分~9時5分まで30分以上も撮っていたのに車は1台も通らなかった。
 9時33分立屋に着く。番所のシダレザクラは昨日の雨に叩かれて花びらは落ち、葉が覗き始めていたのでがっかり。それでもよくよく見るとほぼ満開の木もあり撮影ができないわけでもない。ただ、北アルプスが見えていないので、山と対比させる構図ができないのがなんとも残念。
 となれば部分を切り取った撮影が中心になる。あちこち探しながら良い花を見つけてシャッターを切る。一方の立屋のエドヒガンは過去に来た時よりも花付きが良く、桜自体は撮影可能だったが、いかんせんお墓と電線が邪魔をして作品にはなりにくい。
 明日と明後日の土日は夜桜祭りだとかで、村の職員が準備に追われていたが、ライトアップならそこそこ見栄えがするかもしれない。いずれにしてもサクラの良い時期にスケジュールを合わせるのは至難の業だ。
 10時40分、集合写真を撮ってから立屋を出て白馬に向かう。ザゼンソウがあるかもしれないと、白馬村の旧座禅草園が目的地だ。11時20分に着いたが、ザゼンソウが激減したとかで、荒れ放題になっていた。それでも探してみると数株の花が見つかり、交代して撮影する。
 お腹もすいてきたので次は昼食だ。12時30分、白馬駅に近い「そば神」という店に入る。評判が良いらしく駐車場には8台ほどが停まっていたが、幸いにも7人が同時に座れる場所を確保できた。そばは美味しかったが料金もそこそこ取られる。
 13時5分、腹を満たして出発。次は白馬の峰々を背景にサクラが撮れる白馬アルプスオートキャンプ場に向かう。13時20分到着。幸いサクラはしっかり残っていたし、青空にもなって春爛漫といったところだが、肝心のアルプスが雲に隠れて山麓しか見えていない。
 雲の動きがあるので、状況の変化を待ちながらオオヤマザクラの赤い葉と大柄なサクラの花びらを撮影。ぽかぽかと暖かく一眠りしたくなるようなのんびりした時を過ごす。1時間ほど過ぎたころ、杓子岳や白馬槍ヶ岳が時折姿を見せるようになった。三脚を立てシャッターチャンスを待つが、そうは問屋が卸さない。15時まで頑張って切り上げる。
 帰りがけもう一か所寄ってみる。飯森スキー場のゲレンデの右手にコブシとサクラが数本咲いていた。15時20分、しっかり咲いていたが、春の暖かさに空気が澱み始めていわゆる春霞の状態になっていた。早い時間ならもう少しクリアだったろう。ゲレンデ自体にはニリンソウやカタクリも咲いていて、皆で這いつくばって撮影する。
 16時45分、今日の撮影を切り上げて宿に向かう。木崎の南から間道に入り、大町の街中を避け、県道306号線を走ると信号も少なく快適に走る。17時30分ごろ「ごほーでん」に到着。ここで、この日帰る山口は一路安曇野ICに向かう。(ここまでの記録:山口、以下町田さんのメモから作成)
 夕食は18時45分から。最後の夕食なのでビールで乾杯。
 
 
4月23日 土曜日 晴れ
 6時30分朝食。7時45分大町方面に向けて出発。大町霊園のサクラを求めて行ったが既に散ってしまっていた。次いで中綱湖に向かうが、その途中農具川堰堤にシバザクラがあって自由撮影。アルプスをバックに美しかった。
 10時頃、中綱湖到着。サクラはあるが先生曰く「映り込みが無いなあー」ということで早々に終了。
 10時30分、野平の一本桜(オオヤマザクラ)に向かう。残雪の白馬三山を背景に濃いピンクが映えるのを11時30分まで撮影。
 11時40分~12時30分、四十九院のコブシを撮り、手打ち蕎麦膳で食事を取る。
 13時過ぎ、解散